一般歯科

診療メニュー

携帯サイトQRコード

患者の気持ち

オンライン予約

一般歯科のイメージ

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。歯を失う大きな原因が歯周病(歯槽膿漏)です。
歯周病は歯肉炎、歯周炎を総称する細菌による感染症で、歯を支えている骨を溶かしてしまうこともあります。

当院では丁寧な歯石取りや歯周外科治療を行い、末永くご自身の歯で楽しい食生活を送って頂くために、できる限り歯を抜かない診療をしております。
治療だけではなく、予防にも力を入れております。再び、虫歯や歯周病にならないように定期的なメンテナンス(予防治療)をしていくことが大切です。当院ではPMTCを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

虫歯治療

「虫歯」は歯のエナメル質が溶けてしまう病気です。
昔から「甘いもの好きは虫歯になりやすい」と言われていますが、実際は糖を餌とした虫歯菌が酸をつくり出すことで歯を溶かし始めます。これが虫歯の始まりです。

必要最小限で優しい治療

優しい治療のイメージ

当院では「ミニマムインターベンション(最小限の侵襲)」を取り入れた、できるだけ歯を削らない、抜かない治療でできる限り歯のダメージを軽減する治療を心がけています。
これまでは、虫歯の再発を防ぐために、感染していない健康な部分も削っていました。
また、虫歯が神経の近くまで進行している場合は、神経を取る治療が行われていました。しかし、神経を失うと歯はもろくなり、それだけ歯の寿命も短くなってしまいます。

患部の状態にもよりますが、初期の虫歯に関しては削るなどの治療をせず、進行を阻止し、削る場合は患部だけを最小限に削ります。

一度削られた歯が再生することはありません。
当院では、少しでも大切な歯をお守りするため、徹底した管理と経過観察の下、歯に優しい治療を心がけています。

歯周病治療

歯周病とは歯の付け根についた歯垢の中の歯周病菌によって、歯肉や歯を支える骨を破壊され、最終的には歯が抜けてしまう病気です。
歯周病は虫歯と違って、痛みなどの自覚症状がなく進行します。
初めは歯周の歯肉に炎症を起こし、歯茎の腫れ、出血などが現れます。放置して進行すると膿が出たり、歯肉溝が深くなっていき、歯がグラつき、歯の根が見えてきます。

歯周病は虫歯と違い、痛みなどの自覚症状がなく進行するため、 歯周病のサインを見逃して放置し、歯がグラグラになって初めて来院しても、抜歯しか手段が無いこともあります。
歯周病は、40歳以上で5人に4人は感染していると言われています。日頃から歯周病に対するケアをすることが大切です。

歯周病の原因

歯周病の原因は食べかすや細菌によって、起こるプラーク(歯垢)です。
歯の表面についたプラークは、次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケットと呼ばれる歯と歯肉の隙間ができ、歯肉や歯槽骨などを破壊していきます。

歯周病治療

歯周病の原因であるプラークは、バイオフィルムという膜に守られています。この膜がとても厄介で一度付着すると通常の歯ブラシでは取れません。
歯周病治療では、歯石やバイオフィルムを丁寧に取り除きます。

スケーリング

スケーラーと呼ばれる専用の機器(超音波・手用)で歯石・バイオフィルムを除去します。

ポリッシング

除去した歯の表面をツルツルに磨いたり、フッ素を塗布することで、再度歯石やバイオフィルムが付着しにくいようにします。

ルートプレーニング

歯周ポケットが深いところの歯肉の下にある歯石を除去します。


歯周病治療は、進行の程度で治療法も変わります。
重度の歯周病など必要に応じて、上記方法で取りきれなかった歯石やバイオフィルムを歯周外科治療で除去したり、歯周病によって失われた歯周組織を再生させる治療も行っています。

歯周病治療

「歯医者は、歯が痛くなってから行くところ」とお考えの方もまだ多いのではないでしょうか?
もちろん歯の痛み、症状があるところを治療することは大切ですが、これから年を重ねて80歳のおじいちゃん、おばあちゃんになっても自分の歯で不便なく食事をとれたら、とても幸せなことではないでしょうか?
当院では、患者様のお口の健康を守ること、自然の歯を保つことを重視しています。
そのために、定期的なメンテナンスを含めた予防を行うことが一番だと考えています。

歯を失ってしまう原因の9割以上が虫歯と歯周病です。虫歯も歯周病も初期は自覚症状がないことが多いので、歯に穴があいた、痛い、グラグラする などの自覚症状に気づいてからの来院だとかなり進行した状態であることが多く、歯を残すことも難しくなります。

定期的なメンテナンスを含めた予防を行って健康な歯を維持し、病気の進行を抑えることがとても重要です。
当院では、様々な予防治療への取り組みを行っています。

予防治療への取り組み


pagetop

Copyright©   せのおファミリー歯科. All rights Reserved.