よくある質問

診療メニュー

携帯サイトQRコード

患者の気持ち

オンライン予約

よくある質問

Q

歯周病(歯槽膿漏)の症状について教えてください。

A

歯周病かどうかのチェックポイントは次の通りです。
(※1つでも当てはまる場合、歯周病の可能性があります。)

  • 起床時、口の中がネバネバする。
  • 歯磨きの時、出血する。
  • 口臭がある。
  • 噛んでいる時、歯が浮く感じがする。
  • 歯が動いてくる。
  • 歯が長くなる。(歯ぐきが下がる。)
  • 歯肉が赤くテカテカしている。

など、このような症状がありましたら、まずはお気軽に当院にご相談ください。
80歳になっても20本以上の歯を残せるようにしましょう!

Q

PMTCとは何ですか?

A

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、セルフケアでは落とせない歯石やバクテリア膜(バイオフィルム)を、歯科医院にて専用の器具でキレイに落とすことです。
歯ブラシが届きにくく、磨き残しが多い場所に歯石などがたまります。 定期的にクリーニングに通えば、歯がキレイになるだけではなく、虫歯や歯周病の早期発見にもつながります。

Q

乳歯はいずれ永久歯になるので、虫歯になっても大丈夫ですか?

A

いいえ、乳歯の内の虫歯を放置しておくと、次のようなデメリットがあります。

  • 乳歯の虫歯を放置しておくと、お口の中の虫歯菌が増殖しているので、永久歯も虫歯になりやすい。
  • 虫歯でしっかり噛めないとその後のアゴの発達に悪影響が出やすい。
  • 乳歯の根の奥に永久歯があるのですが、乳歯の虫歯を放置しておくと永久歯のエナメル質ができにくいなどの悪影響が出る。
  • 乳歯は永久歯が生えてくるスペースを確保するという役割もありますが、虫歯で歯がなくなったり、欠けたりすると永久歯の生えてくる十分なスペースが確保できなくなる。

など、以上のことから乳歯の内からしっかりしたケアが必要となります。

Q

インプラント治療とは何ですか?

A

インプラント治療とは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応のできなかった歯を、失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
入れ歯で噛むことが難しかったものも噛めるようになります。 またブリッジのように健康な隣の歯を削ったりするようなこともありません。

Q

インプラントは誰でもできるのでしょうか?

A

通常、年齢的には成長期が終わってからが対象となります。
また、健康であれば年齢に上限はありません。 尚、糖尿病などの全身疾患がある場合は状況が異なりますので、当院にご相談ください。

Q

ホワイトニングは痛くないですか?

A

ホワイトニングは歯を削ったりしないので、痛みをほとんど感じることはありません。
ただし、ホワイトニング剤が浸透するときに、知覚過敏に似た症状を感じる方もいらっしゃいます。 その際はお気軽にお声をかけてください。

Q

審美歯科とは何ですか?

A

最近、審美歯科という言葉をよく聞くようになって参りました。
今までの歯科医院の仕事のメインは虫歯や歯周病を治療したり、予防したりといった機能回復治療が大部分でした。
しかしながら、医科のいわゆる美容外科と同じように、歯科の分野でも歯の色や形を希望通りにしたい、歯肉と歯の境目のアーチをもっとキレイにしたいなどのご要望にお応えする審美歯科という治療法が今注目を集めております。

Q

入れ歯が痛いのですが…。

A

入れ歯を長時間使用していると、歯茎に負担がかかります。 このため痛くなることがあります。
そのような場合、入れ歯に接触している粘膜が炎症を起こしていることが多いのです。珍しいことではなく、入れ歯を長い間使用すると歯茎がやせてくるために起こる現象です。
放置せずに早めに当院にご相談ください。

Q

市販の入れ歯安定剤を長年使っていますが、問題はないのでしょうか?

A

合わない入れ歯の使用に際し、市販の入れ歯安定剤を多用している方が多いのが現実です。
しかしながら中に入っている「使用上の注意」をよく読むと長期にわたる使用は制限されています。それは、歯茎のやせ細りや、ますます入れ歯が合わなくなる恐れがあるからです。
長期に入れ歯安定剤を使用される前に、当院にてあなたに合った最適な入れ歯治療を受けられることをお勧めします。

pagetop

Copyright©   せのおファミリー歯科. All rights Reserved.